MENU

まつげ美容液にも使われるキャピキシル

最近では「まつ育」というのが流行り。

 

これは女性の「パッチリおめめ」を作る、「まつげ育毛」だ。

 

これに、キャピキシルが使われている製品がある。

 

 

リバイブラッシュ

 

まつ毛に使うということは、当然、誤って目に入ってしまうことも想定しているわけで、キャピキシルの安全性が高いというのが想像できる。

 

キャピキシルというのは、「アカツメクサ花エキス」と「アセチルテトラペプチド3」の2つを合わせて作られることが知られている。

 

アカツメクサ花エキスは、「アカツメクサ(別名レッドクローバー)」から取れる成分で、イソフラボンの一種である「ビオカニンA」という成分が含まれ、皮膚の保護や健康維持に効果的。

 

また、アセチルテトラペプチド3は、4つのアミノ酸で構成されていて、毛包の構造維持や、強い細胞修復作用を持つ成分だ。
直接的な「髪の元」となる毛母細胞の復元、再生などが期待できる。

 

キャピキシルを構成する2つともが、副作用の心配のいらない優しい成分だ。

  このエントリーをはてなブックマークに追加